食事で血圧を下げるサイト 高血圧は薬を使わず治そう

高血圧と食事の関係

高血圧の方の食事で気をつけたいのが、塩分です。

 

味の濃いもの、塩をたくさん使っているものは、原則厳禁で、とにかく薄味にこだわってください。

 

そもそも高血圧のなる方は、濃い味の食事を好んで行なっている場合が多いようです。

 

ですから、食べた気がしないとか、食べたくないとすぐに塩分を入れたくなるのですが、そこは、もしかしたら重篤な症状になってしまうかもしれないという危機感を持って欲しいと思います。

 

塩分をたくさん摂ることで、血圧はぐんぐん上がります。
食事をするたびに、血管を傷つけるというのは自殺行為に近いと言われています。

 

脅しではなく、高血圧は食事でコントロールしていくのが何よりも理想とされていますから、塩分には気をつけてください。

 

そして、体内に塩分を出すカリウム、主に野菜や果物に含まれていますが、このカリウムを含む食材はやはり塩分を控えた“薄味”でいただく習慣をつけてください。
これを見ただけで、とんでもないと思うところですが、とりあえず1ヶ月の我慢です。

 

そうすることで、人間の体は薄味に慣れると言われています。
薬だと思って、塩分控えめの食事の習慣つけるようにしてください。

 

最初は地獄ですが、数ヶ月続けることで、もう塩気の多い食事が摂れないというほどになれば、高血圧の方であっても、調子が良いと思います。

 

最初は食事で血圧を下げることに知識をつけていきましょう。


スポンサードリンク

高血圧に良い食生活

スポンサードリンク

高血圧に良い食生活は、塩分の少ないものに限ります。

 

さて、毎日普通に食べている食生活では、一日どのくらいの食塩を摂っているか?というと、10gはゆうに超えていると言われています。

 

これでは、普通の食生活では、高血圧に良い食生活とは言えません。

 

では、食塩を極端に抑えた高血圧に良い食生活という、かなりの薄味になってしまいます。
しかし、それが現実です。

 

高血圧に良い食生活をするには、料理の工夫が大切なポイントです。
要するに、料理をする時に塩を入れないということです。

 

例えば、味噌汁、煮物、なんでも塩を使いますが、その時のひとつまみの塩を減らしていくことから始めてみてください。

 

サラダのドレッシングも使わす、野菜だけを食べるようにするなど、毎回口に入れる塩の量をとにかく減らすことで、高血圧に良い食生活の第一歩となります。

 

たとえば味噌汁は味噌を少なくすると薄くなりますがダシを多めに入れることで美味しくなり減塩となります。

 

あー、もう絶望的な食生活…、たいていの方はそう考えますが、料理の知識を身につけ、塩がダメならお酢やレモンというように、違う味を好きになるというのも提案です。

 

料理の味付けを食塩ではないもので舌を慣らす、これができれば、高血圧に良い食生活も実現します。

 

高血圧でお悩みの方は躊躇するよりも実行あるのみ、ぜひやってみてください。

高血圧を薬に頼らず食事で改善

高血圧を食事で治していく方法は、食塩の量を減らすことと、肥満になるほどの量を摂らないことが基本になります。

 

もっと言うと、脂分を減らして、健康食を心がけることです。

 

血液を送っている心臓に負担を減らすことで、血圧を下げるような食生活を送ることで、血圧の流れが穏やかになって、高くならずに済みます。

 

そうすることで、薬を飲むことなく、高血圧の症状を抑えることは可能です。

 

現代の食卓には、食塩が多く含まれているものが豊富です。

 

加工食品とつくものにはすべてたくさんの食塩が使われ、脂分が多い食品も多いのです。

 

ですから、高血圧を食事で直していこうという場合、原則的に料理をしなくてはならない、素材を使った献立が理想です。

 

ご飯とおかずの毎回の食塩の量を厳密に測って、1日7g以下の献立を実現してみましょう。

 

かなり味気の無いものと感じられますが、それに慣れることで、高血圧は良くなっていくと考えられます。

 

薬に頼らない高血圧の食事は、舌の感覚と味に対する考え方をがらりと変えていくことから始まると思ってください。

 

きちんとした知識を身につけ、食事を考えてく必要があります。

 

そうした食事で高血圧を克服されている方も多くいらっしゃいますので、なるべく薬を飲まずに食事療法を心がけましょう。

サイトマップ