アスパラガスを食べて高血圧対策

高血圧の人はアスパラガスを食べて血圧を下げよう

スポンサードリンク

アスパラガスには、L-アスパラギン酸という非必須アミノ酸が含まれています。

 

疲労回復、新陳代謝促進、タンパク質合成を高める効果がありますが、この効果は高血圧の方にとっては、血圧を丈夫にすることから、効果があるとされています。

 

また、この働きはカリウムや、マグネシウムが細胞内に取り込まれやすくするため、体液バランスを良くして、ますます代謝が活発になります。

 

高血圧の方にはカリウムはとても良い栄養素です。

 

それぞれの栄養素の吸収とエネルギーの生産効率を高めることができます。

 

炭水化物をエネルギーに変換し、老廃物を対外に排除するのを助けます。

 

炭水化物といえば、ご飯など体の力になるものですが、多く食べ過ぎることで肥満の原因になりまた、高血圧の原因になります。

 

その働きも抑えることで、アスパラガスはぜひ食べていただきたい食材です。

 

また、ルチンは利尿作用を高めてくれるという嬉しい効果もあります。

 

しかし、これだけでなくまだまだアスパラガスが高血圧に効くのに必要な栄養があります。

 

それは、ビタミンCとE、カロチンです。いずれも血液サラサラ効果が期待できるもので、血液の上がり方を穏やかにしてくれます。

 

ただし、かなり旬な食べ物ですから、市場に出回った時には、ぜひ新鮮なアスパラガスを口にしてください。

 

ビタミンの損失を失わないために、茹でるよりも炒めるのがおすすめです。

スポンサードリンク