ナスを食べて高血圧対策

ナスを食べて血圧を下げる

スポンサードリンク

高血圧に効くナス。
ナスは夏野菜の代表ですが、昔から
・熱を冷ます
・血液の停滞を治す
・鎮痛
・利尿作用
などがあるとされています。

 

高血圧に良いと言うのは、コリンという成分が含まれているからです。
血管の柔らかくし、よくすると言われています。

 

特に毛細血管を守ることで、動脈硬化を防止るとされています。

 

高血圧に良いとされるナスを使った料理の作り方

 

・ナスときのこのサッと煮
材料 ナス、しめじ、生姜
ナスは皮をあちこちむいて、一口大の乱切り。

 

しめじは小分けにします。

 

鍋にだし汁と砂糖とみりんと醤油を合わせて沸騰したら、ナスとしめじを入れます。

 

ひと煮立ちしたら日からおろして、おろし生姜を加えます。

 

ナスとしめじは、血圧に良い食材です。

 

生姜を入れるので、味付けは薄味がベストです。

ナスとピーマンの味噌炒め

材料 ナス、ピーマン、豚肉、味噌

 

ナスは5ミリ程度の半月切り、ピーマンは縦に3等分。

 

味噌と酒とみりんと砂糖とだし汁を合わせておく。

 

ナスとピーマンをしんなりするまで炒めて皿に取り出し、肉にしっかり火を通します。

 

その後、ナスとピーマンを合わせて、味をつけます。

 

ナスと相性の良いピーマンも夏野菜です。
ピーマンに含まれるビタミンCが脂肪の代謝を促進し、血中脂肪を減らしてくれます。

 

ナスとピーマンを使って高血圧の予防をしましょう。

スポンサードリンク