小松菜を食べて高血圧対策

小松菜を食べて血圧を下げる

スポンサードリンク

小松菜のすごい栄養価を知っていますか?

 

ほうれん草はお馴染みの緑の葉物野菜では、栄養あるものとして有名ですが、高血圧の方にぜひ食べていただきたいのが小松菜です。

 

血圧を上げる原因の一つに塩分などに含まれるナトリウムがありますが、それを排出するのがカリウム。

 

高血圧の方は、このカリウムを含む食材を食べると良いとされていますが、小松菜は、なんとほうれん草の3倍も含まれています。

 

独得の食感がある小松菜ですが、調理法としては、アクが少ないですから、おひたしにしても、ほうれん草よりも“エグい”ことがなく、炒めるときにはそのままの形で調理できます。

 

要するに、ほうれん草よりも使いやすい野菜とされています。

 

亜鉛も多く含むことから、細胞の新陳代謝にもよく、血圧を下げるさげるばかりではなく、体にとっての細胞を生き生きとさせる力を含んでいます。

 

炒めものが良いとされていますが、これは油との相性が良いことが挙げられます。

 

鮮やかな緑色になることから、食卓が華やかになる野菜としてもオススメです。

 

小松菜は、どんな食材とも合う、というのは知らない方も多いですが、実は癖の無い食材として多くの献立があります。

 

高血圧の方、スーパーなどで要チェックです。

スポンサードリンク