グレープフルーツを食べて高血圧を改善

グレープフルーツで血圧を下げる

スポンサードリンク

グレープフルーツが血圧を下げるのに効果があるのは、カリウムを多く含んでいるからです。

 

カリウムは、細胞内に存在していて、ナトリウムは本来細胞外にいます。

 

しかし、ナトリウムは摂取量が多くなることで、細胞内に入り込むのですが、この時にカリウムが、入り過ぎたナトリウムを体外に排出するのです。

 

常にバランスを摂取する役目をする事から、日常的にカリウム摂取をすることで、体内のナトリウムの量を軽減できます。

 

このナトリウムの正体は塩分です。

 

日本人の食事は塩分の摂り過ぎが指摘されていますが、現代人の食事で気をつけていないとすぐに塩を食べ過ぎてしまいます。

 

味の濃い食事を好む方は特に気をつけなくてはならないのですが、塩分の摂り過ぎは、とかく血圧を上げる原因になります。

 

そこでカリウムを多く含むグレープフルーツを食べていることで余計なナトリウムの排出ができ、血圧を下げることができます。

 

ただし降圧剤を服用している方は、グレープフルーツが禁止の場合が多いです。

 

これは急激に血圧を下げることから、危険とされています。

 

正常な血圧値を保つことができず、逆効果になってしまうのですが、それだけグレープフルーツのカリウムがすごいということなのです。

グレープフルーツで血圧を下げる関連ページ

リンゴ
リンゴにはカリウムが豊富に含まれていますが、このカリウムは体内に入った時に、余計な塩分を排出する働きがあるとされています。
バナナ
一日も老廃物を排出するためにも、バナナをしっかりと摂ることで、ナトリウムと一緒に排出をしてしまいましょう。
イチゴ
イチゴのビタミンCは、そんな傷ついた血管の修復の手助けをしますから、いつも新しい細胞での血管作りが出来きるようになるといえます。
オレンジ
糖質や脂質の代謝に良いことから、肥満気味で高血圧の方にとっては、ダイエットにもなります。
柿は血圧を下げるだけではなくも血管強化にも役立ちます。
キウイフルーツ
キウイフルーツは、ビタミンCが豊富なことは知ってのとおりですが、カリウムもたくさん含まれています。
干し柿
干し柿の効能については、栄養分の中でも、やはりカリウムが多いと言われています。 その他にカロチンが入っています。
プルーン
プルーンのカリウムの量なのですが、並外れた数値というのも、ナトリウム排出には大活躍をします。