にんじんを食べて高血圧対策

高血圧の人はにんじんを食べて血圧を下げよう

スポンサードリンク

食卓でお馴染みのにんじん。高血圧とにんじんについて紹介します。

 

あの鮮やかな色は、ベータカロチンの色素ですが、高血圧の方は、ぜひ毎日食べてください。

 

ベータカロチンは体に入ると、ビタミンAに変身します。
抗酸化作用があり、活性酸素を排除します。

 

血液内の活性酸素がなくなると、血液は健康になり、サラサラとしたものになります。

 

そうなると、血管への負担は小さくなり、血管を通る血液の量も勢いも順調になると言われています。

 

高血圧ばかりではなく、動脈硬化予防としても、にんじんは良いとされています。

 

血圧は毎日数値が変化しますが、健康な時と不健康な時の数値も大きく変わってきます。

 

もちろん健康な時の多少の変化はそれほど心配ないですが、病気がちということになると、血圧の変化は特に心配です。

 

そこで、ここでもにんじんの威力が発揮されるところです。
やはりビタミンAですが、免疫力がアップします。

 

具体的には粘膜を丈夫にしますから、最近やウイルスの侵入を防ぐ働きがあります。
高血圧の前に、健康であることも大切でしょう。

 

そのほかにんじんには、カリウム、カルシウム、食物繊維も豊富です。
できれば、毎日何らかの料理に入っていて欲しい食材です。

 

特に相性が良いのは油です。

 

炒め物、ドレッシングととともに、栄養を取り込んでください。

 

にんじんにはカリウムが豊富ですので高血圧にお悩みの方にはおススメです。

スポンサードリンク