豆乳を飲んで血圧を下げる

豆乳を飲んで血圧を下げる

スポンサードリンク

豆乳が血圧を下げることができるのは、優れた栄養が豊富だからです。

 

・大豆ペプチド
大豆製品は、大豆ペプチドが含まれていて、血管の収縮に密接な関係がある酵素に作用します。

 

血管を正常な働きにすることができます。

 

ということは、高血圧を下げることが期待されています。

 

特に豆乳は、飲みやすさと体への吸収力が強いため、より栄養を取り込みやすいのです。

 

・カリウム
体に不要とされる塩分を排出します。

 

 

・マグネシウム
血管の強化と血液循環を良くしてくれます。

 

 

・カルシウム
体にカルシウムが不足すると、骨から補給します。

 

その溶け出したカルシウムが血管を通る時に、血管の筋肉を収縮させてしまい、それが高血圧の原因になると言われています。

 

要するに、カルシウム不足が即高血圧となると言っても過言ではないのです。

 

カルシウムが豊富な豆乳を飲み続けると、このような心配もないです。

 

ただし飲み過ぎは禁物です。

 

1日200ミリリットル程度が理想です。

 

大豆イソフラボンはホルモンにも良いとされていますが、摂り過ぎると返ってホルモンバランスを乱すと言います。

 

ですから、体には良いのですが、飲み過ぎると血圧が上がってしまう事もありますので、1日200ミリリットルが良いとされています。

豆乳を飲んで血圧を下げる関連ページ

牛乳
カルシウムは骨のためとばかり思っている方も、血圧に効果があるとは知らなかったという方も多いはず。
ウコン
悪玉コレステロールの酸化防止によって、血液の健康を守ることができます。