玉ねぎを食べて高血圧対策

高血圧の人は玉ねぎを食べて血圧を下げよう

スポンサードリンク

あまりに一般的な野菜の玉ねぎは高血圧に効果があります。

 

特徴的なものとして、玉ねぎを切ると涙がでるという刺激成分の硫化アリルです。

 

ネギ類の共通するものですが、玉ねぎは強烈です。

 

これこそ、血液が凝固するのを抑え、血液サラサラの働きがあります。

 

良く言われるのが、動脈硬化の予防ですが、それはすなわち血液がキレイに流れることを意味して、血圧を下げる効果があります。

 

もっというと、糖尿病や脳血栓といった病気の予防になります。

 

その他の栄養としては、ビタミンB1・B2、リン、亜鉛、食物繊維、カルシウムと栄養豊富です。

 

そして、高血圧の予防としては、カリウムが挙げられますが、玉ねぎにもしっかり入っています。

 

また、あまり食べる方は少ないですが、玉ねぎの皮にも高血圧の方は食べたほうが良い栄養があります。

 

クエルセチンというポリフェノールが抗酸化作用として働き、血管を強くして、活性酸素排除をしてくれます。

 

それだけではなく、血圧降下作用、血糖降下という効果があります。

 

硫化アリルはビタミンB1と結合することで、ビタミンB1の吸収を促進します。

 

玉ねぎの皮を煎じてお茶替わりに飲むのも良いでしょう。

 

そのことは新陳代謝を活発にさせることから、当然高血圧の症状にも効果てきめんです。

 

毎日食べることのできる野菜として、冷蔵庫にいつも入っているという家庭も多いと思いますが、食べるときには、良く洗うようにしてください。

 

特に皮の部分を食べたり煎じて飲む場合は、できれば低農薬や無農薬のものを使うことをオススメします。

スポンサードリンク